ピノキオより ピコリーノの冒険(1976年-1977年)

どうも(・∀・)ノ いやー、まあ、親父が「電気紙芝居」と名付けて言っていた理由が、この歳になって分かる気がしました。ピノキオもどきのピコリーノが、仙女さま(?)から赦されて、木の人形にもかかわらず、自我を持って歩けるようになって……。今年50歳のおっさんの、小1~小2の頃のアニメーションでした。なにゆえ「仙女さま」という和風テイストになっているのか、今としては理解不能なのですが。


このアニメの、OP/EDをおさめたドーナッツ盤持ってましたよ。日本コロムビアのね。

今となっては、なんでこんなアニメに夢中になったか知りませんが、はまって観ていましたね。九州朝日放送で(笑)

ではでは(・∀・)ノ

田所稲造ファンタジーオンライン 管理人 敬白

田所稲造ファンタジーオンライン

田所稲造ファンタジーオンラインです。サイト開設通算23周年記念。 ライトノベル・アニメ・ゲームなどを中心に、自身の創作活動についてもまとめるポータルサイトです。 なお、このサイトは、スマートフォン・タブレット端末にも対応しています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。