紅葉野日記 旅の恥は掻き捨て気分で ちょっと百合展開強めました この続きはとりあえずエブリスタで

                                もひれいんさんによるイラストACからのイラスト 

美月と沙織 一つ屋根の下(仮)

ping... pong...

『はーい、どちら様?』

「室山県室山市から来ました、高槻です」

「同じく、服部です」

『あ、分かりました、桃花ちゃんのお友達ね、ちょっと待ってて』

神奈川県海老名市のとあるところにある、柏原桃花の親戚のお家「吉田さん家」にお邪魔する二人。

「お邪魔しまーす」

「あら、高槻さんと服部さんね! 話は聞いているわ! どうぞ、いらっしゃーい」

「失礼しまーす」

「遠いところをようこそ。さあ、遠慮なさらずに」

「ありがとうございます」

見た目はまだまだ新しい一軒家。まだまだ若そうな、その家の奥さんと思しき女性が、二人を出迎えた。 二人は促されるままに、用意されたスリッパを履き、応接間を目指して廊下を歩いていた。

「まあまあ、あなたがたセーラー服? 憧れるわー、おばさんは、中学高校ではずっとブレザーだったから」

「そうです、一応、セーラーではありますが……」

「友達の同級生が痴漢に遭って、たまに酷い目には遭いますけどもねー」

「あらまあ! おばさん、性犯罪は許しませんよ!」

「そうですねえ、その通りです」

「まあ、あいつはスカートを無駄に短く詰めすぎたとか、いろいろありまして……」

「あらあら。誰だかわかんないけど、随分アグレッシブな子ね……どうぞ、座って、座って。飲み物お持ちするわ」

「いやいやいや」

「飲み物だなんて、何卒お気遣いなく……」

おばさんは、台所に行くと、なにやら、ペットボトルのミネラルウォーターを二人分持ってきた。

「はい、つまらないものですが、召し上がれ」

「あ、助かります、今日はオーディションでメッチャ汗かきましたし」

「いただきます」

「みやけ坂46受けて来たのね、あなたがた。すごいわね! よく頑張りました!」

「ありがとうございます」

「本当に突然押しかけて、どうも済みません」

「大丈夫よ、夫は成田から海外出張だし。ちなみに、娘はいま大学生で、都内で下宿中なんで、ちょーっとおばさん寂しかったから、丁度いいわ」

「うわー! わたし、東京に出て来ただけでも大冒険だったんですけども、ご亭主さんは海外ですか!」

「すごいですよね、吉田さん家!」

「まあね、でも、主婦になってみなさい。亭主元気で留守がいい、そういうものよ」

「はっとり、どうやらそういうことらしい」

「わたしも、東京は初だったから、海外だなんて想像もできないよー」

「ふふふ、二人ともかわいい!」

吉田さん家の冷蔵庫で、キンキンに冷やされた、五〇〇ミリリットルのミネラルウォーターがあまりに美味しかったので、二人とも感激していた。

「さあ、落ち着いたところで、そうね……娘の部屋が良さそうだから、そこのセミダブルベッドをお使いなさい」

「え! それって、添い寝ってやつですか?」

「うわ、沙織と添い寝ですかー」

「いや?」

「いえいえいえ、いやだなんて、そんなー」

「泊めていただけるだけで、光栄です!」

「ふふふ、旦那の部屋ってタバコ臭いし、あなたがたに、そんなフレグランスがつくの、いやでしょう、だから」

「何から何まで、ありがとうございます」

「お気遣いいただきありがとうございます」

「さあさあ、おばさんについといで! その重そうな荷物、部屋に置いてから、ゆっくり休んで」

……というなり、二人を手招きして、二階に沙織と美月を案内した。階段を上がりながら、先ほど、セミダブルベッドだと聞かされて、余りの恥ずかしさに、いろんな想像をしてしまい、思わず顔から火が出そうな二人だった。

この続きはウェブで!! 更新されるのをゆっくりとお待ちくださいませ。ではでは(・∀・)ノ

田所稲造 拝

田所稲造ファンタジーオンライン

台風19号の被害に遭われた被災地域の皆さまに、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 田所稲造ファンタジーオンラインです。サイト開設通算20周年記念。 ↑上へスワイプスワイプ↑ ライトノベル・アニメ・ゲームなどを中心に、自身の創作活動についてもまとめるポータルサイトです。 なお、このサイトは、スマートフォン・タブレット端末にも対応しています。