シナリオライターさんは相当なインプットをしています

昔の「小説大好き!」つながりで、神奈川県のシナリオライターさんが来阪されたときに、文庫本を少しお分けしてもらえるというので、てっきり僕は数冊程度を想像していたのですが、担いで来られた数量を見てびっくり! かれこれ100冊近くありました! なるほど、数多ある小説にかぶらない新しいものを作ろうとするならば、それ以上読まなくちゃね……と思った次第で。某シナリオライターさん、その時はおせわになりました。

それに、シナリオライターさんは、国立国会図書館にも行かれていて(首都圏だから)まあ、本を書いている時間より、本を読んでいる時間の方が長いんじゃないか、と思えるぐらいです。

まとめ:このように、一流のプロは、インプットにカネと時間を惜しまない。毎月何冊でも読む。そのようなことが、貧乏なわたくしにも出来れば、言う事はないんですが。

田所稲造 拝

田所稲造ファンタジーオンライン

田所稲造ファンタジーオンラインです。サイト開設通算20周年記念。 ↑上へスワイプスワイプ↑ ライトノベル・アニメ・ゲームなどを中心に、自身の創作活動についてもまとめるポータルサイトです。 皆さんとわたくしの退屈しのぎになれば良いのだろうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 なお、このサイトは、スマートフォン・タブレット端末にも対応しています。