花の散り際に値が付くのも嫌になりました これって学生が死ぬ話じゃないか

命短し恋せよ乙女とはいえども、なーんかね。僕ら世代は、戦中派から、戦時体験を聴いていて育っていて、好むと好まざると勤労動員された伯母さん、疎開した先で、芋の茎を食べて飢えをしのいだ女学校時代の母、機銃掃射のなかを逃げまどった父などなど。切羽詰まった生き死にの現場にいた人のホットワードを子守歌代わりに聴いていた僕ら世代(1970年代世代)は、こういった作品にあるような、お人好しの美人が死ぬ話が、実感として理解できないのです。

ヨルシカさんが歌いました。花の散り際に値段が付くのも嫌になりました……ってね。

作品としては美しいかも知れないけど、実際の轢死体なんか、実際の飛び降り自殺の死体なんか、見れたもんじゃないですよ。生きたくても生きられない人だって山のようにいるんだ。

これね、まあ、いじめに遭って死ぬ話なんですよ。高校生ぐらいですかね。こういうのが受け入れられるんだ。暗さを笑い飛ばすのではなく、暗さに暗さを重ねるような……少し考えられなくて、読み進められませんでした。基本的に、どんなに絶望的な観測をしていても、基本的に楽天家なので、そんな僕は、よく自殺しなかったなと感心しています。自分で自分を。

いじめはあかんでえ。自殺は命が勿体ない。決して美談じゃない。ただの玉砕だ。やめときなさい。

【追記】要は、インスタントに5分程度に人の不幸が味わえれば、人間関係の嫌な部分が読めればそれでいいのか。と思ったね。

田所稲造 拝



田所稲造ファンタジーオンライン

田所稲造ファンタジーオンラインです。サイト開設通算21周年記念。 ↑上へスワイプスワイプ↑ ライトノベル・アニメ・ゲームなどを中心に、自身の創作活動についてもまとめるポータルサイトです。 なお、このサイトは、スマートフォン・タブレット端末にも対応しています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。