神戸市東灘区本庄町と聞いて、昏い過去を、真美ちゃんを思い出す

真美ちゃんは誰とでも寝る人だったんだ!

それが信じられなくて、初デートもカメラとフィルムを買っても、その子を写さなかった。最初で最後の、神戸デート。

僕の上司が「穴慣らし」と称して、真美ちゃんの処女膜の貫通式をやってしまったこと。その後に「田所くん、さあどうぞ」と言われても

嬉しいわけないじゃないか! 出来る訳ねえよ!

その後、その2人は一緒に会社を辞めて行った。居づらくなったのだろう。

胸に残る苦いレモンの香り! 切り分けた果実の片方のように!

思い出すだけで胸苦しく、胸が詰まる。なーんだ、誰とでも寝る人だったんだと。こいつは結婚しても誰とでも寝るんだろう。それを考えると、もう面倒見切れないなと。そう感じた32歳の日の悲しみだったのです。

田所稲造 拝

田所稲造

ラノベ作家、情報技術者、健啖家(笑)の田所稲造のホームページです。どうぞよろしくお願いいたします。上へスワイプスワイプ↑

0コメント

  • 1000 / 1000