田所稲造のバックボーン '70年代フォークソング

1970年生まれ。「戦争を知らない子供たち」と言われ、「鍵っ子」「団塊ジュニア」と言われ、いま日本で一番割を食っている世代です。「バブル崩壊」「失われた20年」を過ごした我々です。そんな時代を代表するような歌を一覧にまとめてみました。これで「1970~1971年」というものが分かることでしょう。今はまた「第二の敗戦」を迎えているんじゃないのかな?

流れゆく時に 遅れてはいけない 移り行く社会に 遅れてはいけない

基本「どうにかなるさ」と思っているふしがある。

まさに戦争を知らないんです。良きにつけ悪しきにつけ。

恋人がいないのは、いつもの事だよ!!(笑)

作家が本気で紅白歌合戦を目指して歌った歌です。「火垂るの墓」のあの人です。

仮に徴兵が始まったら、青くなって逃げなさい、いのちは1つだけだよ、という歌です。

自由な日々が失われた時に 残されたものは 出発の歌 そんな感じの曲です。

1970年ごろに、だいたい何が歌われたのか、お分かりいただけましたでしょうか。

田所稲造 拝

田所稲造

ラノベ作家、シンガーソングライター、情報技術者、健啖家(笑)の田所稲造のホームページです。どうぞよろしくお願いいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000