スケベバブリー男が女性に迷惑をかけるご時世、僕は百合マンガを少し読んで、繊細さ・傷つきやすさを学んでいます

僕は、遺憾ながら女性との付き合い方が、どうしても正直分かりません。男性である以上、これはやむを得ないのですが、特に僕は、顔と手足の大きさと、下腹部を除けば、ほぼほぼ「おめえ、女っぽい体だなあ」と、修学旅行のときの大浴場での友人の指摘通りです。神様が性別間違えたとしか言いようがないのです。親戚はみんな女系一家ですし、むしろ僕の存在がイリーガルなんです。どうしてでしょうね。

そこで、女の子の成り立ち、というか、若い頃は何を考えて生きているのか、研究する一環として、たまーに百合マンガを読んでいます。シトラスというアニメも見ました。理解できるが半分、理解できないところが半分。半分半分なんです。

公職にいる人が、自らの性的衝動を抑えられずに暴走し、女性に迷惑をかけています。僕よりかは少し上の世代、または、同世代です。僕は、そうありたくないのです。女性の大多数は無理ですが、ごく少数の方に対しても、分かりあいたいと思っています。

そして、僕は、人妻に手を出すような野暮ではありません。エロ本もそんなにないです。ソフトな部類です。これは母の影響が多分にあるのでしょう。つとめて禁欲的に過ごしています。男の人が好きというわけではなく、そのいずれでもない。性衝動に対して、僕は淡泊なのでしょうね。そっと自分で処理をする。どんなばい菌が入っているか分からないところに、没入しないなどなど。

「だから彼女出来ねーんだよ」とか言われそうですが、そんなの関係ないです。むしろ、野放図なお前の下腹部を切り取ってやるぞと。悪いことしたら去勢したくなる。そんな自称、正義漢でもあります。道でも、制服の女子学生がいたら距離を置いて歩くとか、そういう不審者扱いされないような、日々の工夫もあります。

要は、異性とは、体で分かりあうより、むしろ、心で分かりあいたい。そういうことです。

田所稲造 拝

田所稲造

ラノベ作家、シンガーソングライター、情報技術者、健啖家(笑)の田所稲造のホームページです。どうぞよろしくお願いいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000