初恋について -つゆのあとさき-

本命は、和子さんではなく、鏡子さんでした。でも、そのマブダチを代わりに好きになったのですよ、あれは中学校1年生の頃ですかね。男子は詰襟、女子は紺色のセーラー。当時、僕はさだまさしをコピーしていて、アコースティックギターをアルペジオで平気で弾いていました。変声期らしい変声期がなかったので、ボーイソプラノでした。なので、さだまさしも簡単に歌えていたのです。

とてもナイーブな歌です。しかし、別れの歌というチョイスがよくなかった(笑)中学卒業時には、第二ボタンは強制的にその子にくれてやりましたよ、ええ(笑)あれから、というか、最初から女運がなかったなあ……工業高校行っちゃうし、地味な製造業勤めだったし、まあ、恋愛運は、いまだに最悪ですよ(笑)僕が鈍すぎるというのもあるのでしょうが。

あれから、さだまさしというよりかは、どちらかと言えば小椋佳さんのような声になり、まあ、さださんも出せなくはないのですが、いかんせん呼吸が苦しい(笑)なので、つゆのあとさきは、僕にとっては、あまじょっぱい思い出です。

田所稲造ファンタジーオンライン

田所稲造ファンタジーオンラインです。サイト開設通算21周年記念。 ↑上へスワイプスワイプ↑ ライトノベル・アニメ・ゲームなどを中心に、自身の創作活動についてもまとめるポータルサイトです。 なお、このサイトは、スマートフォン・タブレット端末にも対応しています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。また、ページ内でご紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、変更されている場合があります。なお、画像や文章の著作権は、ベルヌ条約・万国著作権条約・著作権法で定めのある通り、原著作者に帰属します。