田所稲造って何者?

田所稲造(ハンドルネーム、ペンネーム)田所憲雄(本名・日系日本人)

1970年、福岡県北九州市小倉区宝町(初代・小倉記念病院)生まれ。千葉県千葉市若葉区東寺山町出身、兵庫県尼崎市武庫之荘在住。

6歳から9歳の頃、福岡県北九州市の公害病認定患者(気管支喘息)だったことがある。父親が転勤族(新日鉄化学)だったため、プラントがある津々浦々に引っ越したがために、極度の人見知りになり、また、方言がチャンポンである。

最終学歴は、通信制高校(兵庫県立青雲高等学校通信制普通科)卒、専門学校(ポリテクセンター兵庫)修了。放送大学 選科履修生(ベンチャー企業論)中退。ティーンの頃は、千葉県立千葉工業高等学校全日制情報技術科に3年間在籍。

父親と母親の調停離婚が成立し、子の氏の変更申立を千葉家庭裁判所に行い、横尾姓から田所姓に変更する。母親と自分が生活するために、ありとあらゆる職種に就く。家電量販店アルバイトを振り出しに、百貨店契約社員、機械設計、商業印刷DTP・文字校正、ガチのプログラミングエンジニア、コピー機商社のインフラ系エンジニア、テクニカルサポート、テクニカルライティング、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、インフラ系SEなどを経験。

25年前、25歳の時に、兵庫県尼崎市にて阪神大震災を経験する。勤労学生控除を受けながら、月~金はDTPオペレーターを行い、土日で通信制普通科(神戸市長田区)に通い、高校卒業。(普通科、工業科、商業科簿記会計1の単位を取得)

17年前、仕事中に統合失調感情障害を発症し、現在もなお自宅療養中。一時期は母を介護していたので「8050問題」「老老介護」に陥るものの、市の介護保険の「住所地特例」を使って母には自立してもらうことに。目下、テクニカルライティングを行う(ネットウイングス)と共に、ライトノベル執筆とそのコラム(ファンタジーオンライン)の2サイトを運営。

ここ(ファンタジーオンライン)を始めたきっかけは「ネットウイングスとして街の人に無理やりITを売り込むよりも、むしろ、興味のある人に、物語を見せてお買い上げいただいた方が人に愛されそうだから」と実感しているため。

かつて、人力インディーズライトノベルサーチエンジン「小説 大好き!」の管理人を引き継ぎ、運営が難しくなり、管理人としての限界を感じたので、株式会社ヒナプロジェクト(小説家になろう)に事業譲渡した経験がある。

学生時代は、声質がさだまさしに似ており、高音域が出て、特に変声期もなかったことから、一時期はリスペクトしているさだまさしのギター弾き語りを得意としていた。(現在は、ギターのネックが壊れたので、ギターを所持していない)

職業柄、誤植と誤字脱字、国語表現などにやかましく、植字やデジタル写真のデザインセンスや品質などを一度語りだすと、なかなかうるさい50歳。